40代 女性 白髪染め

40代 女性 白髪染め

MENU

40代・50代女性の自宅での白髪染めは必須

45歳で自宅での毛染め初体験してから既に5年が経ちました。

 

確実に言えることは、”誰でも自宅で白髪染めする時期がくる”という事です。

 

初めは自宅で白髪染めを本格的にする気はなく、メインは美容院でしつつ、自宅でも行うという感じでしたが、今ではメインは自宅での白髪染めとなっています。

 

美容院で確認してみて下さい。
月に何度くらい白髪染めをできるのか?ということです。体に良いものではないし髪も傷むので月に2度も3度も白髪染めをするのは無理があるのです。美容院によりマチマチでしょうが、私の通う美容院では3週間に一度、白髪染めに来る人が数人いるとのことでした。
それにカット&白髪染めで、10,000円程度かかりますので家計にも大きな負担です。

 

だから、60代後半〜70代でロマンスグレーにしてしまう人もいます。
ですが、40代、50代でのロマンスグレーは早いように思うので自宅での白髪染めも必要となってきます。

 

選択肢としては3つだと思います。

  1. 美容院で白髪染め⇒お金はかかるが癒される
  2. 自宅で白髪染め⇒格安で行える
  3. ロマンスグレー

 

私は自宅で白髪染めをする方を選びました。いずれはロマンスグレーにするとは思いますが、40代・50代ではまだ早いですよね。ですから、髪にも頭皮にも体にも負担のかからない自宅で簡単に白髪染めが出来るトリートメントタイプを使用しています。

 

 

自宅での白髪染めをしている人はヘアカラーでかぶれとかを不安に思いヘナなど自然由来の植物での染めも多いと思いますが、私が使用しているのはトリートメントタイプの白髪染めです。

 

美容院での白髪染めやドラッグストアなどで販売している白髪染めと比較して、即効性はなく持続性もありまでんが、無添加で優しい商品が多く出ているのでそちらメインで白髪染めしています。もちろん、美容院での白髪染めも年に2,3度はおこなっています。
やはり自宅での白髪染めのデメリットとして、細かな部分や後ろ髪がおろそかになってしまうからです。ですから、時々は美容院で染めつつ、メインは自宅へと変化してきました。

 

手軽に購入できる白髪染めはドラッグストアなどで買えるものとなりますが、恐ろしい症状になり外にも出られなくなるのも困りますので、価格は高くても安心の白髪染めがいいと今は自分に合う白髪染めを探している段階でもあります。

 

 

トリートメントタイプの白髪染め一覧こちらで確認

 

 

管理人アラフォーのおすすめの白髪染めは髪萌ヘアカラーHATSUMOE

私が今一番気に入って使用している白髪染めが、髪萌ヘアカラーHATSUMOEです。
もちろん、トリートメントタイプの白髪染めですので毎日使用しても髪にも頭皮にも負担がかかりません。反対に髪はトリートメントされることで、ごわつきや絡まりが少なくなってきています。

 

管理人の髪質
  • 毛質:剛毛・くせ毛
  • 毛量:多い
  • 色:海苔のように黒い
おすすめポイント
  • ツンとくる臭いがない
  • 毎日使用しても価格もお値打ち
  • 髪もサラサラになる
  • 頭皮も痛みを感じない

 

管理人の一押しは髪萌ヘアカラーHATSUMOE

 

HATSUMOEは香りも良く仕上がりも良いです。
今まで使用した白髪染めの中で一番満足しています。2種類の白髪染めを上手く組み合わせて使用していくのですが、難しくもなく普通に使えています。髪も艶々してきていますし、パーマなどの髪の痛みも気にならなくなっています。

 

 

細身の黒い方がカラー用、太めの茶の方がケア用となっています。
セットでの購入がお勧めですがどちらかの単品での購入も可能です。まずはお試し品で試してみるといいですね。

 

「カラーアップ」のポイント
1,しっかり染まる早染めタイプ
2,部分染めにも最適
3,頭皮が痛くないノンジアミン
「ヘアカラートリートメント」のポイント
1,素手で使え頭皮も痛くないノンジアミン
2、3種類の植物性オイル成分のトリートメント効果で艶髪に
3,頭皮に栄養を与える12種類の有用植物成分配合

 

 

40代女性 白髪染め 

 

髪萌ヘアカラーHATSUMOE

 

 

白髪染めの方法

白髪染めの方法としては4つの方法が考えられます。そして、管理人の個人的な考えを紹介します。あくまで白髪染めは髪質によりとらえ方も効果も違ってきますので参考意見としてご覧ください。

 

美容室での白髪染め

やはり総合的にみて見栄えも良くおしゃれに染め上がります。自分で染めるよりも断然きれいに染まりますし、女性としての楽しみでもありますので、月に一度の白髪染めに行けるのでしたら美容室での白髪染めがおススメです。一般的な染め方は、1剤で染まりやすくし、2剤で好きな髪色に染めてくれます。美容師さんが色を調合してくれますので、そんな髪質でも好きな色の髪に染めることが可能です。

 

ドラッグストアなどの白髪染め

お店に行けばいつでも購入できますし安いお値段となります。ただし、臭いがキツイ、素手では扱えない、頭皮がピリピリするなどがあるので私はつかっていません。でも、手軽なので美容院には行かず利用する女性は多いようです。染め方は美容院と同様の染め方の白髪染めもあります。

 

トリートメントタイプ

トリートメントタイプの白髪染めは、頭皮にも髪にも優しいですが、即効性がなく持続性がないです。それでも月に何度でも染めることが出来ますし、毎日トリートメントとして使用することも可能です。素手で使えますし安心して長く使える白髪染めとなりますので、管理人一押しの方法です。
トリートメントタイプのおススメの白髪染め一覧

 

シャンプータイプ

シャンプータイプはどんな白髪にも対応できます。全体的に数本の白髪染めがある場合でも生え際でもシャンプーするだけで染まります。最初は値段が高いと感じるでしょうが、白髪がだんだん増えて美容室やトリートメントタイプが面倒になったきた場合などもシャンプーはおすすめです。また、髪を洗うだけでしっかり染まるので1人でもムラなく染められるのが最大のメリットです。
シャンプータイプのおススメの白髪染め一覧

 

管理人の使用方法

参考までに使用方法を紹介します。トリートメントタイプは生え際に使うことが多いです。全体的にではなく染めた後、生え際から白くなり初め、頭皮と同化して剥げているようにも見えがちです。また、老けて見えます。ですから、生え際が白っぽくなってきたら使っています。

  • 月に1度の美容院での毛染めでは白髪が隠せなくなってきている方
  • 安く綺麗に白髪したい方
  • 頭皮にも髪にも体にも負担のかからない白髪染めを望む方

トリートメントタイプはこのような女性に向いています。
今の私が、”月に1度の美容院での毛染めでは白髪が隠せなくなってきている方”という状態となっています。

 

月に何度でも自分で染めることが出来ます。頭皮にも髪にも家計にも優しい一押しの白髪染めとなります。

 

ですが、染まりにくく落ちやすいので、私は10日間くらいに一度3日連続くらいでしようしています。トリートメントタイプになりますので髪もサラサラになりますしハリも出てきます。

 

自宅で行えてお値段も美容室より安いですし手軽ですが、部分的に時々数本の白髪ある場合には不向きです。かなりまとまった生え際などの白髪染めに向いていると感じました。白髪が増えてきた場合、前髪は自分でもうまくできますが、後頭部や頭頂部は誰かに手伝ってもらう必要が出てきます。

 

トリートメントタイプのおススメの白髪染め一覧

 

 

普通に考えてズボラな私はシャンプータイプがあっていると思いますが髪が多いので経済的なことえも考えてトリートメントタイプを使用しています。そして年にニ度くらい美容院で毛染めしています。この先、もしかしたら白髪染めシャンプーを使いながらトリートメントとなり、美容院での毛染めはしなくなる可能性大です。

 

ちなみに美容院での毛染め代金は、約8,000円〜10,000円くらいです。
自宅でのトリートメント代金は、1本で3,000円〜4,000円です。でも2か月位持つのでかなり安いと言えます。
ですが、シャンプーも使うとなるとちょっとたかくついてしまいますね。

 

美容院でのカラーリング経験者ならわかると思いますが、同じカラーを使用しても髪質により色が違ってきますし、置く時間もちがってきます。ですから、自宅で白髪染めする時も同様に色々な種類の白髪染めを試してみて、自分に合ったものを決めるといいですね。また、使い方も最初は規定通りに行っていますが、染まりにくい私は時間を長めに置いたりと工夫しています。