40代 女性 白髪染め

おしゃれ染めから白髪染めに変えるタイミング

おしゃれ染めと白髪染めが違うということは、なんとなくわかっている方が多いかと思います。お店に並んでいる商品も、おしゃれ染めのコーナーと白髪染めのコーナーとに分けられて売られていますよね。基本、おしゃれ染めでは白髪は染まらないと言われていますので、白髪を目立たないように染めたいという方は白髪染めをお使いになることをおすすめします。

 

では、今までおしゃれ染めを楽しんでいた方が、白髪染めに変えるタイミングはどうしたら良いのでしょうか?

 

おしゃれ染めを楽しんできた方の多くは、黒い髪の毛を茶色くカラーリングしていたかと思います。黒髪の時に比べると、茶色い色素が明るければ明るいほど白髪は目立ちにくくなっていたかと思います。白髪染めに抵抗がある方は、まず茶色の色素をもう少し明るめにしてみると目立ちにくくなるかもしれません。ただ、あまり明るい茶色にはしたくないという場合には、そろそろ白髪染めに変えてみるのも良いかと思います。自分ではなかなか気が付きにくい部分もありますので、家族の方に判断をしてもらったり、また美容室に行かれた時に相談されると良いかと思います。

男と女の白髪のメカニズムの違い

男女問わず加齢とともに白髪が増えていく傾向にありますが実は男女には白髪となるメカニズムに違いがあるといわれているのをご存知でしょうか。体毛の濃さがホルモンに影響されるように毛髪もまたホルモンによって影響を受けやすい部分の一つとなっています。また傾向としては男性は最終的に髪が真っ白になってしまう方も多くいますが女性の場合は真っ白まで進行せず白黒入り混じった状態の方も少なくありません。こうした白髪の生え方の違いがホルモンの影響だとはまだわかっていませんが男性が白髪が多くなってしまう理由として女性と比較した場合にストレスに対して弱いという点が考えられています。ストレスは白髪だけでなく身体にとって様々な悪影響を及ぼすことが今ではわかっていますがその悪影響の一つとして血流の悪化を招くために頭皮の血行がストレスによって阻害されればその分栄養も滞ることになってしまい毛髪の生成に関わりのある細胞への栄養の供給も少なくなってしまいます。結果として白髪や脱毛といった症状を招くために男性がこうした症状を持ちやすいという一説があるようです。

 

自宅で白髪染めするとコスパも良く予約もいらないです。安心できれいに染められる白髪染めを日々探し続けています。そんな管理人のお気に入りの白髪染めを紹介しています。詳しくはTOPページで確認できます。

40代女性の白髪染め