40代 女性 白髪染め

泡の白髪染めの使い方のポイント

白髪染めの中でもその手軽さから人気がある泡タイプの白髪染め。泡タイプの白髪染めの使い方にもポイントがいくつかあります。ひとつは白髪染めを行う前に皮膚への着色を防ぐために水をはじく性質があるクリームを耳や顔の回りなどに塗っておくこと、髪の毛が絡まらないように予めしっかりと髪の毛をとかしておくことです。さらに、白髪染めを行いだしたら説明書どおりに段取りを進めていくことです。特に白髪染めの量に関しては多すぎず少なすぎず説明書どおりの適量を使用することが当たり前のようですが大切です。自分の判断で量を多くしたり少なくしたりするのはやめましょう。求めているような結果が出てこない可能性が大きくなってしまいます。そして、白髪染め中の髪の毛の揉みこみ動作の際にはくれぐれも髪の毛が絡まらないようにすることが大切です。絡んでしまうと上手く染まらない可能性があるからです。また、忘れてはいけないのは使用前に必ずアレルギーの反応が出ないかどうかバッチテストを行うことです。バッチテストはどんな白髪染めを使用するにしても基本中の基本です。

液体の白髪染めの使い方のポイント

白髪染めには液体タイプの白髪染めもあります。液体タイプの白髪染めは他のタイプの白髪染めと比べて手軽であると言うことと、さっと髪になじますことが出来、時間が比較的かからないと言うところにあります。使い方のポイントとしてはまずは、どの白髪染めでも行うことですがバッチテストをしっかりと行うことから開始です。使い方はいたって簡単でブラシを使ってさらっと塗ってしまうことです。髪の毛をとくように使用できるので手軽さは抜群と言えるでしょう。ただ、問題は液体であるがゆえに液ダレがするということです。液ダレがしてしまうのは間違いないことですので予め必ず水をはじくようなクリームを耳や生え際や液が垂れそうなところにはしっかりと塗っておくことが大切です。また、使用時には飛び散ることも考えられますので自分の回りにはしっかりと新聞紙などを敷いて液ダレを防御しておくことが大切です。液状やクリームや泡状などどれも一長一短がありますが自分の好みもさることながら、そのときそのときの用途に応じて使い分けていくと言うことが上手に白髪染めを行っていくポイントなのです。

クリームの白髪染めの使い方のポイント

クリームタイプの白髪染めは白髪染めの中でも一番需要が多いというか、昔からよくあるタイプと言えるでしょう。基本的には1剤と2剤があって混ぜ合わせて使用するというパターンとなります。クリームタイプの白髪染めは部分染めをしたいという人にもっとも向いているタイプだと言われています。白髪染めを行う際には必ずバッチテストを行って異常がないのを確認してから始めます。生え際や染まりにくい部分からクリームを塗っていくのがポイントでその後全体にまんばんなく広がるように染めていくと言うことになります。クリームタイプの白髪染めが部分染めに適していると言われるのはクリーム状なのでどうしても重たくのびにくく染めムラが出やすいということが言えます、そのあため全体染めには向いていないなのです。クリームタイプの白髪染めを使用するポイントの一つとしては他の方法で全体的に白髪染めをした後に部分的に白髪が目立ったときに部分染め用にと使用することがもっとも適している使い方だということができそうです。上手に使うことが出来ればクリームタイプほど便利な白髪染めはないのです。

 

自宅で白髪染めするとコスパも良く予約もいらないです。安心できれいに染められる白髪染めを日々探し続けています。そんな管理人のお気に入りの白髪染めを紹介しています。詳しくはTOPページで確認できます。

40代女性の白髪染め